1. 冬のコインランドリー歌詞

「冬のコインランドリー」の歌詞 槇原敬之

2009/11/25 リリース
作詞
槇原敬之
作曲
槇原敬之
文字サイズ
よみがな
hidden
洗濯物せんたくものをかかえてきみ
ふゆ真夜中散歩まよなかさんぽ
かんコーヒー2ふたって
蛍光灯けいこうとうかりを目指めざ
ぼくはダッフルとスエット
きみこんのピーコート
とりとめのない言葉ことばしろ
いきにかえながら

乾燥機かんそうきがしばらくまわって
いくらかあたたかくなると
ポケットのコーヒーをして
プルタブおとふたひび

洗濯物せんたくものかわくまでの
ほんの3さん40分程しじゅっぷんほどあいだ
それがぼくらにとっての
とても大事だいじ時間じかん
しにくいことでも
ガラスにうつたがいになら
素直すなお気持きもちになって
なんでもはなせるから

今日きょうまでぼくらこの場所ばしょ
いくつはなしをしただろう
普段ふだんならあまくてまない
かんコーヒー何本空なんぼんあけただろう

だれにもったことのない
ゆめをうちあけたゆきよる
そのゆめがかなうまで一緒いっしょ
頑張がんばろうとってくれたのをおぼえてる

洗濯物せんたくものかわくまでの
ほんの3さん40分程しじゅっぷんほどあいだ
それがぼくらにとっての
とても大事だいじ時間じかん
ふかふかになった気持きもちと
タオルえないように二人ふたり
ぐるぐるきのマフラーで
あるふゆかえみち

洗濯物せんたくものかわくまでの
ほんの3さん40分程しじゅっぷんほどあいだ
それがぼくらにとっての
とても大事だいじ時間じかん
ふかふかになった気持きもちと
タオルえないように二人ふたり
ぐるぐるきのマフラーで
あるふゆかえみち

今年ことしふゆすこしくらい
ゆきるのかな
ぼくらのふゆかえみち