「北風 君にとどきますように」の歌詞 槇原敬之

1992/10/25 リリース
作詞
槇原敬之
作曲
槇原敬之
文字サイズ
よみがな
hidden
今君いまきみがこのゆき気付きづいてないなら
だれよりはやおしえたい こころからおもった

ちいさなストーブじゃまど
くもらないようなよる
毛布もうふはなまであげてきみのことをかんがえるよ
だけどらないことばかりで
おもせることは
なな40度よんじゅうどからたいつものきみ横顔よこがおだけ

さっきより ひどくまどがないてる
カーテンそっとけてぼく言葉ことばなくす

北風きたかぜがこのまちゆきらす
歩道ほどうびついた自転車じてんしゃこごえている
いま きみがこのゆき気付きづいてないなら
だれよりはやおしえたい こころからおもった

どれだけ たくさんのひと
かこまれていても
なぜか一人ひとりでいるような気持きもちが
ずっときえなくて
でも無理むりくびよこっていたけれど
きっとだれもが
みんなちがうとはいえずにいるはず

だれかをあいしたそのときから
家族かぞく意味いみさえわってしまう

とど距離きょりきみ
かんじるたび
かっこわる位何くらいなにはなせなくなるよ
明日あした もし このゆきもっているなら
ちいさくきだとっても
きみこえない

北風きたかぜがこのまちゆきらす
歩道ほどうびついた自転車じてんしゃこごえている
今君いまきみがこのゆき気付きづいてないなら
だれよりはやおしえたい こころからおもった

北風きたかぜがこのまちゆきらす
歩道ほどうびついた自転車じてんしゃこごえている

明日あしたもしこのゆきもっているなら
ちいさくきだとっても
きみこえない