1. 君の後ろ姿歌詞

「君の後ろ姿」の歌詞 槇原敬之

2008/11/19 リリース
作詞
槇原敬之
作曲
槇原敬之
文字サイズ
よみがな
hidden
それじゃあまたねとわかれたあと
きみにはすこしおおきいがする
見慣みなれたかばんらしながら
ちいさくなるきみつめてた
よほどのことがなければ
こんなふうにずっと見送みおくらないよね
そうぼくらは友達ともだち すくなくとも
きみぼくのことをそうおもっている

かえらないことをねがうけど
一度いちどかえったことなんてない
きみうし姿すがた見送みおくっている
うたがいようもないくらい片思かたおもいだ
まるでてかけたほうきみたいに
かべにもたれかかりながら ただ
きみうし姿すがた見送みおくるときだけ
うそをついてないぼくでいられる

かわいたかぜはこんできた
とおくの無邪気むじゃき子供こどもわらごえ
はじめてこいしたあのころとよく
ぎこちない夕暮ゆうぐれだ
わらってくれることうれしすぎて
馬鹿ばかなことしたりはなしている
一緒いっしょわらってるこいしてることも
わすれてしまえるならどんなにいいのに

かえらないことをねがうけど
一度いちどかえったことなんてない
きみうし姿すがた見送みおくっている
わらってしまうくらい片思かたおもいだ
まるでたてかけたほうきみたいに
かべにもたれかかりながら ただ
きみうし姿すがた見送みおくるときだけ
うそをついてないぼくでいられる

うしなうことよりも たった一言ひとこと
きずつけてしまうかもしれないのが
ただこわくて ゆめなか
きみにさえきだとはえずにいる

かえらないことをねがうけど
一度いちどかえったことなんてない
きみうし姿すがた見送みおくっている
どうしようもないくらい片思かたおもいだ
まるでてかけたほうきみたいに
かべにもたれかかりながら ただ
きみうし姿すがた見送みおくるときだけ
うそをついてないぼくでいられる

きみうし姿すがた見送みおくるときだけ
きみこいしてる ぼくでいられる