「君は僕の宝物」の歌詞 槇原敬之

1992/6/25 リリース
作詞
槇原敬之
作曲
槇原敬之
文字サイズ
よみがな
hidden
きみぼくきだとわかった
そのかえみち公園こうえん
ひとこえたってかまわない
気持きもちで大笑おおわらいしたんだ

電車でんしゃわったわけじゃないけど
土曜どようよるから日曜にちようあさまで
ドーナツでずっとしゃべって
でもとてもたのしかったね

神様かみさま ねぇ もしぼく
彼女かのじょといること
あたりまえにおもったら
ちからいっぱい つねってください
しあわせの意味いみわすれぬように

いまぼくかかえきれない
ゆめを かなえてくことでせいいっぱい
きみへのおもつたえるとき
ただきとしかえないけど

みんないつか大事だいじひと
あいしてる」とテレずに むねをはって
えるそのるように
頑張がんばってるが するんだ

つよあめった
つぎにはもう
だまりがいるときのよに
どんなかなしいなみだぼく
うれしい笑顔えがおえれるように

つよあめった
つぎにはもう
だまりがいるときのよに
きみをいつでも安心あんしんさせるよ
だってきみぼく宝物たからもの