「夏は憶えている」の歌詞 槇原敬之

2004/8/11 リリース
作詞
NORIYUKI MAKIHARA
作曲
NORIYUKI MAKIHARA
文字サイズ
よみがな
hidden
なつくさをかきけながら
かわいしをどかしながら
なにかをさが子供達こどもたち
なつながくしてくれる
うみやまもないこのまち
かばん携帯けいたいふさがった
両手りょうてじゃどんな季節きせつにだって
れないとおもってた

店先みせさきまわりはじめた
スイカのあかくち
わらっているようにえたのは
ぼくなかにいる
あのなつ子供こども仕業しわざだね

たとえどんな場所ばしょにいても
自分じぶんさがさなければ
なにつけられない
ぼくわすれていただけで
どのとしにいた子供こどもかお
なつおぼえている

けたからだ
夕立ゆうだちいそいでさます
刀鍛冶かたなかじのようになつ
子供達こどもたちつよくしてくれる
だれかがいたみず
だれかにすずしいかぜおく
つぎはどんな自分じぶん
なりたいのかわかったがした

ほたるがたくさんあつまるかわ
アケビがなる場所ばしょ
つけてはむね高鳴たかならせ
はしってかえった
瑠璃色るりいろおそ夕暮ゆうぐ

たとえどんな場所ばしょにいても
あんなにたのしかったのは
よろこかおてたから
ぼくわすれていただけで
どのとしにいた子供こどもかお
なつおぼえている

むしかごをななめにかけてたきみ
タオルをクビにいてコーラをきみ
勉強帰べんきょうがえりホームにっていたきみ
なつわすれはしない

たとえどんな場所ばしょにいても
自分じぶんさがさなければ
なにつけられない
ぼくわすれていただけで
どのとしにいた子供こどもかお
なつおぼえている