「尼崎の夜空を見上げて」の歌詞 槇原敬之

2006/2/22 リリース
作詞
Noriyuki Makihara
作曲
Noriyuki Makihara
文字サイズ
よみがな
hidden
すこくちわるくても だれかのことおもひと
言葉ことば本当ほんとうやさしくて
おもすたび笑顔えがおになる
洗面器せんめんきカタコト おばさんサンダルいて
見上みあげた尼崎あまがさき夜空よぞら
ぼくはたまにおも

背中せなかいてるよ?」
子供こどもだったぼくった
湯気ゆげこうで従兄弟いとこ
かたまってたっけな
傑作けっさくやなぁ」とおっちゃんは
とがめずにわらってくれた
年寄としよりも子供こどももどんなひと
おな風呂ふろにつかって

ちょうどってかえるときの
なかのたこきみたい
おもいまぼくむね
ほんのりしめってあたたかい

すこくちわるくても だれかのことおもひと
言葉ことば本当ほんとうやさしくて
おもすたび笑顔えがおになる
洗面器せんめんきカタコト おばさんサンダルいて
見上みあげた尼崎あまがさき夜空よぞら
ぼくはたまにおも

高速道路こうそくどうろをトラックが
はしぎておと
怪獣かいじゅうさびしそうにいてる
こえみたいで不安ふあんになった
かりのひもを二回にかいだけ
っぱってねむりにつく
むね灯火ともしびとでもうように
さない豆電球まめでんきゅう

夜中よなかめたとき
オレンジにかぶみんなの寝顔ねがお
てるだけでうれしくなって
安心あんしんしてまたじた

すこくちわるくても だれかのことおもひと
言葉ことばはあまりにやさしくて
素直すなおになってしまう
洗面器せんめんきカタコト おばさんサンダルいて
見上みあげた尼崎あまがさき夜空よぞら
ぼくはたまにおも

今日きょうぼくはどれだけこころ
おな言葉ことばをかけただろう
今日きょうぼくはどれだけだれかのこと
にかけながらきただろう

すこくちわるくても だれかのことおも気持きもちが
ぼく言葉ことばになるように
このまちでがんばろう
すこくちわるくても だれかがだれかをおも
言葉ことばこえればきっと
おな夜空よぞらになるだろう