1. 幸せの鍵を胸に歌詞

「幸せの鍵を胸に」の歌詞 槇原敬之

2010/6/30 リリース
作詞
槇原敬之
作曲
槇原敬之
文字サイズ
よみがな
hidden
かみとインクのあまにおいと
日差ひざしにひかすこしのほこり
図書館としょかんひろつくえいた
大好だいすきなほんひら
宝探たからさがしの冒険ぼうけんたび
夢中むちゅうになってんでいたら
いつの居眠いねむりしていて
不思議ふしぎゆめ

人生じんせい宝探たからさがしのたび
ようなものなんだ」と
だれかがちいさなかぎをくれた
ちょうどそのときめた

とおおものようなゆめ
ぼくおもさせてくれた
途中とちゅうひらいたままのこのほんのように
ぼく宝探たからさがしのたび途中とちゅうにいることを
しあわせはどこかでこのぼく
つけられるのをっている
そうおもうだけでむね高鳴たかな
きっとつけすよ
しあわせのかぎむね

人間にんげんおやでも自分じぶん
子供こども旅立たびだつそのときには
こまらぬように十分じゅうぶん知恵ちえ
そなえをたせるのだから」
そういってかぎをくれたのは
神様かみさまなのかもしれない
旅立たびだぼく一人一人ひとりひとり
きっとかぎたせてくれたんだ

かぎ鍵穴かぎあなのようにしあわせの
かたちもそれぞれちが
そのかぎひらくたったひとつの
はこさがせとおしえてくれた

とおおものようなゆめ
ぼくおもさせてくれた
途中とちゅうひらいたままのこのほんのように
ぼく宝探たからさがしのたび途中とちゅうにいることを
しあわせはどこかでこのぼく
つけられるのをっている
そうおもうだけでむね高鳴たかな

きみだってつけられるさ!

しあわせはどこかでぼくらに
つけられるのをっている
そうおもうだけでむね高鳴たかな
きっとつけすよ
しあわせのかぎむね