「幸せはタイヤを穿いてやってくる」の歌詞 槇原敬之

2008/11/19 リリース
作詞
槇原敬之
作曲
槇原敬之
文字サイズ
よみがな
hidden
ディーラーのうし横向よこむきに
まってるそのくるま
はじめての場所ばしょ戸惑とまどって
かくれるいぬみたいだ
ぼくくてもきみがだめ
きみくてもぼくがだめと
なが時間じかんをかけて
二人ふたりえらんだ

あし穿いたタイヤをころがしながら
ぼくらのいえしあわせがやってきた

あたらしいみち子犬こいぬ
おぼえさせるみたいに
このくるまぼくらのまち
おぼえさせにかけよう
ほらうつりこんだぼくらも
そらまち未来みらい
全部ぜんぶまとめて一緒いっしょ
みがかれたみたいにかがやいてる

きみえらんでってきた
きょくおもわず微笑ほほえんだ
二人ふたりおなじようにきだと
はじめておもったうた
おなじものかちこと
むずかしさってくほど
うたくるま大切たいせつ
二人ふたり宝物たからもの

あし穿いたタイヤをころがしながら
ぼくらをせてしあわせははしっていくよ

あたらしいみち子犬こいぬ
おぼえさせるみたいに
このくるまぼくらのまち
おぼえさせにかけよう
ほらうつりこんだぼくらも
そらまち未来みらい
全部ぜんぶまとめて一緒いっしょ
みがかれたみたいにかがやいてる

あたらしいみち子犬こいぬ
おぼえさせるみたいに
このくるまぼくらのまち
おぼえさせにかけよう
はじめてのあめったあと
そらまち未来みらい
全部ぜんぶまとめて一緒いっしょ
みがいてまたかがやかせよう
あしにタイヤを穿いたぼくらのしあわせを