「手をつないで帰ろ」の歌詞 槇原敬之

1997/11/27 リリース
作詞
槇原敬之
作曲
槇原敬之
文字サイズ
よみがな
hidden
きみはナポレオンフィッシュの
水槽すいそうにへばりついて
何度なんどんでも かえってくれない
ほかのおんな
ちょっととれてただけなのに
「ちょっとじゃないよ」ってうために
一回いっかいかえっただけ

はじめてのデートなわけじゃないけど
二人ふたり人混ひとごみやまち特別とくべつ
きみばっかりていたら ころんじゃうかも
しれないだろ?

なぁ こっちむいてーな
なぁ きげんなおしてーな
ぼくらの日曜日にちようび夏休なつやすみほどながくない
なぁ こっちむいてーな
いまきみがどんなかおしてるか
水槽すいそうさかなたちしか らないなんて

友達ともだちのみんなには
きっとひやかされるからって
廊下ろうかであっても わせるだけ
きなひとことあつまって
平気へいきではなしている
おんなみたいにはかないけど
ぼくらだっておなじなんだよ

部活ぶかつ合間あいま 緑色みどりいろ
フェンスしに やっとつけた
きみばっかりていたら ころんでしまった
ぼくらないくせに

なぁ こっちむいてーな
なぁ きげんなおしてーな
ぼくらの日曜日にちようびしち時頃じごろにはわる
なぁ こっちむいてーな
いまきみがどんなかおしてるか
こんなにになるほど 大好だいすきなんだよ

なぁ こっちむいてーな
なぁ きげんなおしてーな
ぼくらの日曜日にちようびはほんとにもうすぐわる
なぁ こっちむいてーな
しめったハンカチはぼくらの
のひらのなか

ちょっとれるけど をつないでかえ