1. 明けない夜が来ることはない歌詞

「明けない夜が来ることはない」の歌詞 槇原敬之

2005/5/18 リリース
作詞
槇原敬之
作曲
槇原敬之
文字サイズ
よみがな
hidden
まどうつるのはひと頬杖ほおづえきながら
けないよるしんじてしまいそうなぼくだけ
いまこのスタンドをせば世界せかいぼくこころおな
うえしたかもわからない暗闇くらやみまれそうだ

あまりにもちがたかさのえりもとにがいった
ぼくはボタンをちがえたままシャツをている
たとひとめても自分じぶんこと一度いちど
かえりみずきてきたぼく本当ほんと姿すがただろう

ちがえたボタンを自分じぶん
ただせたのならば
いまからでもおそくないか」と
こころいかけた そのとき

この暗闇くらやみくように
ひかりすじはしって
このこころきていく世界せかい
あさらされてひろがっていく

おなじようなあやまちをだれもがっているのは
他人ひとゆるせるひろこころてるため
無駄むだなものでいっぱいのこころなかから
めるための言葉ことばはとにかく全部ぜんぶ てよう

まどそと植木うえき
さきにふるえる朝露あさつゆ
一滴いってきみずだれかと
いたいといま おもえる

この暗闇くらやみくように
ひかりすじはしって
このこころきていく世界せかい
あさらされてかがやいている

この暗闇くらやみくように
ひかりすじはしって
このこころきていく世界せかい
けることのないよるはない

このこころこえを きっと
ひかりのがしはしない