1. 月の石歌詞

「月の石」の歌詞 槇原敬之

2006/2/22 リリース
作詞
Noriyuki Makihara
作曲
Noriyuki Makihara
文字サイズ
よみがな
hidden
あまりにも綺麗きれい
今夜こんやつきながめながら
どこかでかざられてある
つきいしことおもった
人間にんげんのやることは
いつも勝手かって乱暴らんぼうすぎる
なんでも平気へいきかがやけぬ
場所ばしょってくる

おやのため とものため
のため
自分じぶんささえる
すべてのもののためにと
めたこころやみした
やさしきもののため

太陽たいようひかりりて
みちらすこと
うばわれてもなお
だまっているつきいし

街灯がいとうもないころ
月明つきあかりでよるあるいた
大切たいせつひと一大事いちだいじ
ひそけもの承知しょうち
あさてずした
なみだなみだした
ひとつのこころ見守みまもって
つきかがやいてた

おやのため とものため
あいするもののため
自分じぶんささえる
すべてのもののため
おなのあるいのち
うばことあいとはばない

つきにウサギがなかったんじゃない
乱暴らんぼうこころにおびえて
かくれていただけ

おやのため とものため
のため
自分じぶんささえる
すべてのもののためにと
めたこころやみした
やさしきもののため

太陽たいようひかりりて
みちらすこと
うばわれてもなお
だまっているつきいし

いつかかえしてあげたいな
かがやけるべきその場所ばしょ