「東京DAYS」の歌詞 槇原敬之

1994/10/25 リリース
作詞
槇原敬之
作曲
槇原敬之
文字サイズ
よみがな
hidden
星空ほしぞら口笛くちぶえよひびけ
すばらしき毎日まいにち

たとえば最初さいしょ自転車じてんしゃ
れたおぼえていれば
あたらしいコトをはじめるやつを
だれもわらえやしないはず

24歳にじゅうよんさいなつにはじめて
てれもなくスケボーかかえて
かわべり坂道さかみちすりきずなめる
ぼくほこりをってる

東京とうきょうDAYSなにかいいこと
ないかとぐちをこぼしかけて
あそさがすようになったら
最後さいご言葉ことばをのんだ

家具屋かぐやでみつけた緑色みどりいろ
1人ひとりがけのおおきないす
自分じぶん部屋へやくとしたら
どこがいいかかんがえてた

そうしていつか1人分ひとりぶん
自然しぜんえらんでることに
すこさみしくもなったりしたけど
わる気分きぶんじゃないんだよ

東京とうきょうDAYS あいするひと
いつかあらわれたらぼくのひざの
うえにのってあげればいい
そのさきはそれから

子供こどもまれたと友人ゆうじん
写真付しゃしんつきのハガキをよこした
勇気ゆうきをくれるモノはいつでも
あいまも人達ひとたちつよ

東京とうきょうDAYS
半透明はんとうめいのゴミぶくろかかえながら
星空ほしぞら口笛くちぶえよひびけ
すばらしき毎日まいにち

今日きょうえるとなりのいぬ
本気ほんきでどなりかえ
すばらしき毎日まいにち