「桃」の歌詞 槇原敬之

2001/4/25 リリース
作詞
槇原敬之
作曲
槇原敬之
文字サイズ
よみがな
hidden
きしめたいと言葉ことば
意味いみとは裏腹うらはら
不安ふあんさびしさをきみ
しつけようとしてたんだ

ここに途中とちゅうきみ
きなももえらびながら
すくわれることしかあたま
なかった最低さいていぼく

きみのようになりたいはずなのに
きのない気持きもちを
いつもくれる きみのように

たか場所ばしょけた
ももとどくように
きみげることさえ
おもいつきもしなかった
たか場所ばしょけた
ももとどかないきみ
気付きづかないようなぼく
やわらかいものをつぶしてしまう

駄目だめなところをたくさん
ぼくなかつけても
どうしてきらわないで
一緒いっしょにいるのといたとき

そんなことでわるような
気持きもちしかないひと
きとわれるのは自分じぶん
いやだからとこたえた

一人ひとりではかんじられなかった気持きもちが
ぼくなかみの
きみ言葉ことばみの

たか場所ばしょけた
ももとどくように
きみげることが
しあわせだとぼくづく
いままでどんなにりたくても
ることのできなかったことを
ひとひとつあきらめずに
ぼくきみっていく

たか場所ばしょけた
ももとどくように
きみげることが
しあわせだとぼくづく
一人占ひとりじめすればいいのに
地面じめんあしをつけたきみ
一緒いっしょべようとわらうから
ももはもっともっとあまかお