「武士は食わねど高楊枝」の歌詞 槇原敬之

2004/8/11 リリース
作詞
NORIYUKI MAKIHARA
作曲
NORIYUKI MAKIHARA
文字サイズ
よみがな
hidden
ある日突然仕事ひとつぜんしごとをなくし
ある朝妻あさつまった
かえってくるさと電話でんわしたら
テーブルでふるえだす携帯けいたい

子供こどもえのパンツがなくなり
洗濯せんたくさぼったのを後悔こうかいした
そのときづいた
すべてはぼくえらんだ未来みらいだと

なんでも不景気ふけいきのせいにしてた
こころもついでにあらってしまおう
かわくまでこれでもべてなと
自分じぶんにとっていた

パンをべる子供こどもていたら
不覚ふかくにもはらった
ごまかすために出鱈目でたらめうた
あわててぼくうたった

びっくりした子供こどもわらいだす
そのかおぼくわらいだす
武士ぶしわねど高楊枝たかようじ
やさしいひびきにこえた

家族かぞくつということも
子供こどもそだてるということも
だれめたわけでもなく
自分じぶんめたんだ

だれのため頑張がんばってきた
そうさけびそうになったあのよる
可愛かわい寝顔ねがおえたから
ぼくさけばずすんだ

本当ほんとうによかったなあとおもったら
うれしくてけてきた
ごまかすために出鱈目でたらめうた
おおきなこえうたった

やっぱりまた子供こどもわら
その笑顔えがおちからいてくる
こころなかづけずにいた
すごい宝物たからものつけた

ひさしぶりに野良猫のらねこ子供こども
パンをちぎってやった
どんなものでも大事だいじにしてくれる
ひともとにいたいとおもうのだろう

パンをべる子供こどもていたら
不覚ふかくにもはらった
ごまかすために出鱈目でたらめうた
あわててぼくうたった

びっくりした子供こどもわらいだす
そのかおぼくわらいだす
こころなかづけずにいた
すごい宝物たからものつけた