1. 祈りの歌が聞こえてくる歌詞

「祈りの歌が聞こえてくる」の歌詞 槇原敬之

2007/11/7 リリース
作詞
槇原敬之
作曲
槇原敬之
文字サイズ
よみがな
hidden
うただれくちびるにもまる
とりがどんなえだにもとまるように
今日きょうきみくちびるうたはとまり
きみこえりてうた
下手へただからずかしくて
かせたくないというけど
なにかに夢中むちゅうきみらずに
うたうた大好だいすきなんだ

だからいまだってそのくちびる
とまったうたげていかぬよう
気付きづかないふりでみみ
すましていているんだ

うただれくちびるにもまる
とりがどんなえだにもとまるように
今日きょうきみくちびるうたはとまり
だれかのためのいのりについて
ぼくかせてくれている

うべきかわざるべきか
かんがえずにった言葉ことば
れるあらし一瞬いっしゅんこす
呪文じゅもんになってしまうときがある
馬鹿ばかなことをきみげかけて
余計よけいなことをしゃべらせて
うたくちびるからげてぼく世界せかいには
いのりのうたはもうひびかない

だからいまだってそのくちびる
とまったうたげていかぬよう
なにぼくうべきで
うべきじやないかかんがえてる

うただれくちびるにもまる
とりがどんなえだにもとまるように
今日きょうきみくちびるうたはとまり
だれかのためのいのりについて
ぼくかせてくれている

えること
それだけが大事だいじなものじゃないと
きみうたうと
ぼくはそれを素直すなおしんじられるんだ

うただれくちびるにもまる
とりがどんなえだにもとまるように
洗濯糊せんたくのりがアイロンにげる
あまかおりにって今日きょう

いのりのうたこえてくる