「縁」の歌詞 槇原敬之

2002/5/22 リリース
作詞
槇原敬之
作曲
槇原敬之
文字サイズ
よみがな
hidden
こうしてあるいていると
らくみちばかりじゃなくて
大変たいへんだろう きみまでおな
おもいもうしなくてもいいと
こえをかけようとして
かえるたびいつでも
わらずちかくにいてくれる
きみなにえなくなる

あのとききみ
そうしてくれたことは
なにがあってもわすれたくない

神様かみさま こんなえんぼくにくれてありがとう
つらいことも二人ふたりでなら
頑張がんばっていけるんです
神様かみさま こんなえんぼくにくれてありがとう
うれしいことが何倍なんばい
うれしいとかんじながらきていけるんです

こうしてあるいていると
らくみちばかりじゃなくて
大変たいへんそうなきみ時々ときどき
ぼくうつるけど
なにおうとしたきみ
「やっぱりやめた」とわらえるように
わらないでちかくにいるから
かならずそばにいるから

あのとききみ
そうしてくれた気持きもちと
おな気持きもちなんだとおも

神様かみさま こんなえんぼくにくれてありがとう
つらいことも二人ふたりでなら
頑張がんばっていけるんです
神様かみさま こんなえんぼくにくれてありがとう
うれしいことが何倍なんばい
うれしいとかんじながらきていけるんです

神様かみさま こんなえんぼくにくれてありがとう
つらいことも二人ふたりでなら
頑張がんばっていけるんです
神様かみさま こんなえんぼくにくれてありがとう
ぼくにはすこしもったいないかなと
おもっていてももうだめですよ

このしあわせをけっしてぼく手放てばなさない