「花火の夜」の歌詞 槇原敬之

2002/8/7 リリース
作詞
槇原敬之
作曲
槇原敬之
文字サイズ
よみがな
hidden
夕立止ゆうだちやんだ夜空よぞらはまるで
体育館たいいくかんくろいビロード
今年ことしもいろんなまちから
あつまってくる 花火大会はなびたいかい
どんなひとでも この場所ばしょ
笑顔えがおになれる 花火はなびよる
とてもきだとっていた
きみいまおもすよ

花火はなびおんないろ
かんではえる横顔よこがお
きみはなしたいろんなこと
なつよるえずにのこっている

かみなりじゃないよ はじまったんだ!
ぼくをつかんではしした
いま とおくにいるきみからも
この花火はなびがみえればいいのに

なれない浴衣ゆかたじゃあるづらいと
土手どて石段いしだんすわむと
きみのまねをして下駄げた
いだあしした
不良ふりょうめつけていたこと
ぼくにもあったとあやまったとき
いまちがうとやさしくうから
いたみをらない自分じぶんめた

"ずっとみんなが毎日まいにち
わらっていられればいいな"
何気なにげなくったきみ言葉ことば
きそうになるのを我慢がまんした

かみなりじゃないよ はじまったんだ!
ぼくをつかんではしした
いま とおくにいるきみからも
この花火はなびがみえればいいのに

"ずっとみんなが毎日まいにち
わらっていられればいいな"
何気なにげなくきみった言葉ことば
いまいのりのようひびいてる

かみなりじゃないよ はじまったんだ!
ぼくをつかんではしした
いま とおくにいるきみからも
この花火はなびがみえればいいのに