「親指を隠さずに」の歌詞 槇原敬之

2006/2/22 リリース
作詞
Noriyuki Makihara
作曲
Noriyuki Makihara
文字サイズ
よみがな
hidden
ながいクラクションは
世界中せかいじゅうけた
最後さいごのおわかれをうようにまちひび
もう二度にど一緒いっしょにはもどれないまちとおりを
荼毘だびしょかう
くるまからていたら

とおりにてきたちいさな子供達こどもたち
母親ははおやまえならんで
いつまでも
わせてくれていたんだ

どんな人生じんせいだったと
神様かみさまたずねられたとき
かれらの姿すがたおもして
ひと微笑ほほえむのだろう
だからぼくはあのから
くろくるまつけても
親指おやゆびかくさず
わせようとめたんだ

おやえないとか
不安ふあん迷信めいしん
まだおさな子供こどもおしえたりするそのまえ
もっとおしえておくべき
大事だいじことがある
たとえばだれいのちかぎりがあることとか

なんにもっていくことはできない
自分じぶんからださえもいて
こころだけでたびたのは
だれにとっても
本当ほんとう大事だいじひとなんだ

だれかのいのちわったと
ったとすここころかたむくようで
らぬだれかにも自分じぶん
ささえられてきていると
だからありがとうの気持きもちと
つぎ旅先たびさき無事ぶじいのって
親指おやゆびかくさずに
わせて見送みおくりたい

そのあとゆっくりけると
なぜか
さっきより世界せかいあたたかく
いとおしくえるんだ