1. 赤いマフラー歌詞

「赤いマフラー」の歌詞 槇原敬之

2007/12/12 リリース
作詞
槇原敬之
作曲
槇原敬之
文字サイズ
よみがな
hidden
銀座四丁目交差点ぎんざよんちょうめこうさてん
今年初ことしはじめてのゆき
季節外きせつはずれのはなびらのように
ちてきた
きみおぼえているだろうか
一緒いっしょあるこうと約束やくそくした
クリスマスがこのまち
今年ことしもやってきたよ

わたせないまましまっておいた
プレゼントのリボンをいた
きみ似合にあいろえらんだから
ぼくにはだいぶ派手はでだけれど

あかいマフラーをいて
あるぼくがガラスにうつ
わたせなかったプレゼントを
自分じぶん使つかうサンタみたいだ
そらからぼくのひらにひとゆき
ちるほどの確率かくりつ
二人ふたり出会であえたんだと
どうしてあのとき
ぼく気付きづけなかったんだろう

きみ大事だいじにしていた
オーナメントをうっかり
ってしまったあのときのことを
おも
それがガラスで出来できていると
おもいもしなかった自分じぶん
だれかの大事だいじなものをいくつ
こわしてたのだろう

ゆきはまだみそうもない
ぼくがただひとつねがうのは
今君いまきみさびしいおもいなどなく
しあわせでいてほしいただそれだけ

あかいマフラーをいて
ぼくまち一人歩ひとりあるいた
わたせなかったプレゼントだけど
きみがいたあかしおもえるから
ずっとそばにいるとおもうと
どうしてひとはいつでも
そのひとへのおもいを全部ぜんぶ
後回あとまわしにしてしまうのだろう

リボンなどけなくても
特別とくべつときじゃなくても
きみえばよかった
「ありがとう」と
おなかずだけゆきるようだ

あかいマフラーをいて
ぼくまち一人歩ひとりあるいた
わたせなかったマフラーは
結局僕けっきょくぼくあたためているよ
たと自分じぶんさむくても
さむそうなだれかに気付きづいたら
自分じぶんのマフラーはず
やさしくいてあげるようなきみだった

もし今君いまきみあらわれたら
このマフラーを
きみにそっといてあげたい