1. 髪を切る日歌詞

「髪を切る日」の歌詞 槇原敬之

1993/9/1 リリース
作詞
槇原敬之
作曲
槇原敬之
文字サイズ
よみがな
hidden
はさみがとおるたびに おもちて
今朝けさ 何気なにげなく
パスポートの写真しゃしんだけが きみおぼえてる
ひとかみまえに きっとなにかを片付かたづける
だからわざわざんだ日曜日にちようび
えらんでしまうのだろう
わる恋人同志こいびとどうし
きっとおたがいの変化へんかをわかりあえず
それがうわべのこととさえも 気付きづけない
すくなくともぼくたちは そんなふうわかれた
みじかってください
彼女かのじょきらいだったスタイルに
このみせすわひとかがみなかていた
すてきになっていくひとたちを
ているとおもわず微笑ほほえんで
そういえば二十歳はたちまで
ぼくかみをおろしてた
はじめてひたいした
なんだかはずかしかったけど
とびらけたぼく襟元えりもと
けるかぜじてみる
見送みおくった季節きせつ今日きょうから もどそう
きみのこした言葉ことばぼくなかそだてるよ
さよならの意味いみもきっと
自分じぶんえることが出来できるはず
そろそろまえすすまなきゃ