1. 12月の魔法歌詞

「12月の魔法」の歌詞 槇原敬之

1990/10/25 リリース
作詞
槇原敬之
作曲
槇原敬之
文字サイズ
よみがな
hidden
今朝けさからぼくくるま三度さんどみがいた
街路樹がいろじゅにともるあかり夕暮ゆうぐれのいろ
だれよりも綺麗きれいうつしたら
標識ひょうしきそばってる
しろいき微笑ほほえみがいつもより
たまらなくほころぶから
くちうとわらうし
文句もんくかばないから
今夜こんやぼくきたい場所ばしょ
きみれて
Ah このほしのどこもかしこも
12がつ魔法まほうできっと きっと
素敵すてきちがいない
さむいからふゆきらいと
きみうから知恵ちえ
ずかしさをふりしぼって
ぼくがいるだろってっても
さっぱり意味いみわからず
かえすようなそんなとこ
なによりもきだから
ぼくのセーターのそできみがひっぱるつよさで
あるはやさをめていた
あのころ二人ふたりえる
Ah 12がつっても
ぼく魔法まほうけない
きみが Uh そばにいるから
このほしのどこもかしこも
12がつ魔法まほう
きっと きっと素敵すてきちがいない
きっと きっと素敵すてきちがいない