1. Anywhere歌詞

「Anywhere」の歌詞 槇原敬之

2007/11/7 リリース
作詞
槇原敬之
作曲
槇原敬之
文字サイズ
よみがな
hidden
ひかるタワーのうえほう
低気圧ていきあつそらまれて
見慣みなれた東京とうきょうらない
まちのようにえたんだ
一人取ひとりとのこされたような
気持きもちにぼくはなりかけたけど
よこくと大好だいすきな
ひと横顔よこがおえたんだ

そのときぼくわかったんだ
ここがどこでもかまいはしないと

きみのいるこの場所ばしょ
ぼくきていく場所ばしょ
ひとだれでもしあわせに
なるためにまれてきたのなら
きみのいるその場所ばしょ
ぼくきていく場所ばしょ
どんなつらさもしあわせに
かえながらきてゆける

あのころことおもした
ろくに学校がっこうへもかずに
一人電車ひとりでんしゃって
どこかちがまちにいってたけど
だれかのこときになって
とにかくいたいそれだけで
づけばそのから一日いちにち
やすまずにかよえたんだ
そこがどこかが問題もんだいじゃない
そこにだれがいるかが大事だいじだった

きみのいるこの場所ばしょ
ぼくきていく場所ばしょ
ひとだれでもしあわせに
なるためにまれてきたのなら
きみのいるその場所ばしょ
ぼくきていく場所ばしょ
どんなつらさもしあわせに
かえながらきてゆける

すこしのとおあめあと
くもがどこかへげてゆく
きみ出会であったときとおな
景色けしきにまたもどってゆく

きみのいるこの場所ばしょ
ぼくきていく場所ばしょ
ひとだれでもしあわせに
なるためにまれてきたのなら
きみのいるその場所ばしょ
ぼくきていく場所ばしょ
どんなつらさもしあわせに
かえながらきてゆける

どんなつらさもしあわせに
かえながらきてゆける