1. Appreciation歌詞

「Appreciation」の歌詞 槇原敬之

2011/7/27 リリース
作詞
Noriyuki Makihara
作曲
Noriyuki Makihara
文字サイズ
よみがな
hidden
仕事場しごとばぼく毎日まいにち
はこんでくれる電車でんしゃ
うごかしていたものを
どうしてぼくわるえる?
夕飯ゆうはん食卓しょくたくかこ
大好だいすきなひとかお
あかるくてらしてくれたものを
どうしてわるえるんだろう?

こんなゆたかな毎日まいにち
いままでくれてありがとうと
一番先いちばんさきうべきなのに
まるでぎゃくことってしまうんだ

うしなったものはすべ
たりまえおもって
それがあることのよろこびを
かんじずにいたもの
このまま感謝かんしゃできない
ぼくらのままでいたなら
もっとおおくをうしなとき
るのはたしかだろう

ひと自然しぜん自分達じぶんたち
都合つごうかたちえて
利用りようしているだけなのに
共存きょうぞんしてると何故言なぜいえる?
いろんなもののいのちをもらう
ことでしか きてはいけない
そんなよわものだなんて
えないくらい物顔ものがお

こわれた原子炉げんしろよりも
えないのはきっと
たりまえという気持きもちに
汚染おせんされたぼくらのこころ
ほら「がとう」もえない

うしなったものはすべ
たりまえおもって
それがあることのよろこびを
かんじずにいたもの
このまま感謝かんしゃできない
ぼくらのままでいたなら
もっとおおくをうしなとき
るのはたしかだろう

こんなぼくらに毎日まいにち
いままでくれてありがとうと
えるこころだけにしか
もどせないものがあるのだろう

うしなったものはすべ
たりまえおもって
それがあることのよろこびを
かんじずにいたもの
このまま感謝かんしゃできない
ぼくらのままでいたなら
もっとおおくをうしなとき
るだろう

それをのぞんでいないのはきっと
ぼくだけじゃないはずだ

きみだっておなじはずだ