「Circle of Rainbow」の歌詞 槇原敬之

2007/11/7 リリース
作詞
槇原敬之
作曲
槇原敬之
文字サイズ
よみがな
hidden
ながちるビクトリアのたき
がる水煙みずけむり
太陽たいようえが巨大きょだい
まるにじがテレビにうつ
いつかこのたいと
たびおもいをはせかけて
よこにいるいぬづきしばらくは
あずけだったとおも

こころなしかもうわけなさそうな
かおをしているようえる
にするなよ ふゆあさける
そろそろ 散歩さんぽかけよう

歩道ほどう朝陽あさひまぶしくて
クシャミをしたいぬ鼻先はなさき
ちいさなまるにじ
一瞬いっしゅんだけかかったんだ
大切たいせつなものをさがすために
ひとたびをするのならば
ぼくにとってこの散歩道さんぽみち
立派りっぱたびだと気付きづくように
神様かみさまきみ鼻先はなさき
ちいさな奇跡きせきこしてくれたんだろう

スケールがおおきいかちいさいか
値段ねだんたかいかやすいか
流行はやっているかいないかで
価値かちめていたぼくだった

どこかとおくにかなくても
きれいなものやうつくしいものは
この街中まちじゅうに きっとあふれている
ちいさなまるにじつけたように

歩道ほどう朝陽あさひまぶしくて
クシャミをしたいぬ鼻先はなさき
ちいさなまるにじ
一瞬いっしゅんだけかかったんだ
もう一度いちどクシャミをしないかと
ってみたけど もうしなかった
ぼくらののままにいかないのも
自然しぜん法則ほうそくわらいながら
だからこそぼく余計よけい
特別とくべつ意味いみかんじてしまう

さぁ 宝探たからさがしの散歩さんぽ
そろそろ出発しゅっぱつしよう
一緒いっしょ霜柱しもばしらをさくさく
みならしながら

いぬはなうえあらわれた
まるちいさなにじ
世界せかいちるたき
巨大きょだいまるにじ
おなじようにうつくしいと気付きづいたら
見慣みなれたいつもの散歩道さんぽみち
本当ほんとう不思議ふしぎだけど
きらきらとかがやいてえる
神様かみさま ぼくらのために
素敵すてき奇跡きせきをありがとう

ぼくらのためだけに朝陽あさひ
かがやいたんだとおもえた