「Going Home」の歌詞 槇原敬之

2000/11/29 リリース
作詞
NORIYUKI MAKIHARA
作曲
NORIYUKI MAKIHARA
文字サイズ
よみがな
hidden
とおりのにわえられた
ひくうめ
おそあき夕暮ゆうぐれに
とがったかげとしている

一枚いちまいもないこの
ぼくにくれるのは
まださむはるかなら
しろはなけるたしかさ

自分じぶんでもがつかない
ちいさな苛立いらだちをかさ
くたびれたぼくにキンモクセイが
とおくをろとおしえる

たまにはかえろうか あのまち
花火はなびもススキもぼくより
たかかった あのまち
こころをうずめにかえろうか

さかのぼりきってかえると
しず夕焼ゆうやけが
すべてをひとしくひたしていた
ときにはかえるのもいい

たばこふる公衆こうしゅう電話でんわ
10円玉えんだまちていくおと
にされながらはげますこえ
ながらはなしたくて

たまにはかえろうか あのまち
ツバメも星空ほしぞらぼくより
たかかった あのまち
こころをうずめにかえろうか

しんじますからしんじてくださいと
喉元のどもとにナイフをきつけるような
はなかたしか ひと
出来できないのだろうかと
あきらめるまえ

たまにはかえろうか あのまち
花火はなびもススキもぼくより
たかかった あのまち
こころをうずめにかえろうか

こころをうずめにかえろうか