「HAPPY DANCE」の歌詞 槇原敬之

1998/7/23 リリース
作詞
槇原敬之
作曲
槇原敬之
文字サイズ
よみがな
hidden
きみこたえは もうちゃんとわかってたよ
どんなおもいも簡単かんたんくちにしたりしなかったから
いつも見慣みなれたこの公園こうえんよる
さよならのひとことだけで なんだかちがってえる

花吹雪はなふぶきのようにおもをばらまいて
蹴散けちらしながらおどろう ひとつものこさないように

ずかしそうに でもすこきそうに
って ふたりはおど
今夜こんやぼくらが またあたらしいしあわせをさが一番最初いちばんさいしょ

うれしいことがあるたびわるふざけで
きみこしまわして おどるようなまねをした
きみがいなくなるのはさびしいよ
神妙しんみょうになりかけたぼくあしやさしくんだ

フォークダンスのきょくきみばんになって
ちょうどわってしまっただけ でもきっとおぼえている

ずかしそうに でもすこきそうに
ってふたりはおど
今夜こんやぼくらが またあたらしいしあわせをさが一番最初いちばんさいしょ

ちょっといやそうにきみ使つかったヘルメットと
きみ今夜こんや 見送みおくぼくに さようならのキスを

ずかしそうに でもすこきそうに
ってふたりはおど
今夜こんやぼくらが またあたらしいしあわせをさが一番最初いちばんさいしょ