「Happy Ending」の歌詞 槇原敬之

2004/8/11 リリース
作詞
NORIYUKI MAKIHARA
作曲
NORIYUKI MAKIHARA
文字サイズ
よみがな
hidden
太陽たいようとうから
ほんのすぐうえのところまで
冬曇ふゆぐもりのおもそうなそら
がっていたけど
平日へいじつだれもいない万博後ばんぱくあと遊園地ゆうえんち
コンコースをけてけば
家族かぞく笑顔えがおえるから

今日きょう特別とくべつなんだとおもんで
みせのおじさんがばしていた
はねばたかせてとりのおもちゃを
ぼくはせがんでってもらったんだ

こんなうれしい今日きょうぼく
るなんてすここわくなった
まだ上手うまばせなくて
ちたとりをあわててひろげて
むねいた

でもそんな出口でぐちのゲートの
手前てまえわった
無駄使むだづかいをさせたぼくのせいで
かあさんがおこりだした
きゅうからだふるえてかえさなきゃと
あわててたら
まだへたくそでとしたとき
きずいてかえせない

ゆびれているへこんだブリキが
とてもつめたいかんじがした
くもぞらすべてのいろうば
まるでんだとりいてる気持きもちだった

みんながわらうための場所ばしょ
かなしくてくのはもういや
あんなこわかお
おこらせてしまうその理由わけ
いつもぼくなのがかなしい

あのときあんなにいたことも
いまわらばなしだけれど

相手あいてよろこぶことをまずさき出来でき
ぼくにならなくちゃだめだ
あのことがあったからこそ
このこたえをあきらめずに
さがつづけられた

そして30年経さんじゅうねんたった今日きょうやっと
ねがいはかなった
家族かぞくみんながずっとわらったままの
しあわせな今日きょういま
わった