1. MILK歌詞

「MILK」の歌詞 槇原敬之

1993/10/31 リリース
作詞
槇原敬之
作曲
槇原敬之
文字サイズ
よみがな
hidden
こんなにおそくたずねてごめん
なんとか一人ひとりでやってみたけどどうしても
うまくいかなくてとても
とてもこわくなってしまった
ひとけないものがぼくには
ひとつだけでもひとつしかなくて
必死ひっしにそれをまもってきたけど
あきらめそうに なったんだ
大人おとなになってくると
なぜか素直すなおになるのが むずかしいね
ぼくおなじと微笑ほほえんでけば
いいよとってくれた
不器用ぶきようきみのひらが
ぼく背中せなかであたたかいから
こおりついた気持きもちとけだして
なみだまらないよ
くろいランドセルにボロボロの
勇気ゆうき正義せいぎをつめこんで
きそうにドアをけたらすぐ
つくえしたひざをかかえてた
おとこ簡単かんたんくんじゃない」
あたたかいミルクをくれた笑顔えがお
だれかによりかかりいつのにか
ねむったころがなつかしい
自分じぶんちがうことをしてるひとをうらやんだりしたけど
やっぱりぼくぼくだから
ダメな自分じぶんきにならなくちゃ
パジャマ姿すがたおくってくれる
サンダルのおとと”がんばれよ”のこえ
あたたかいミルクみたいだね
むねにしみこんでくるつきさくららすかぜ
もうぼく前通まえとおぎないから
明日あしたはきっと今日きょうよりもいいまっている
きみがいてよかった