「NG」の歌詞 槇原敬之

1990/10/25 リリース
作詞
槇原敬之
作曲
槇原敬之
文字サイズ
よみがな
hidden
ボタンがれているだけで
れないシャツをったまま
きみがもうこの部屋へやにいないことを
たしかめていたけど
いそがしい日々ひび隙間すきま
中途半端ちゅうとはんぱ空白くうはく
ほそ背中せなかおもうのがなによりつら
めざめたぼく首筋くびすじきみながかみ
かんじられたあの日々ひびもどしたい
二人ふたりくらした日々ひびよりも
だれかのうわさしんじた
ぼくになぜうつむいたままでかえせなかったの
とてもなが時間じかんをかけてわかることもあるよと
きのう電話でんわ友達ともだちはなしてくれていたけれど
ぼくにもひと気付きづくのにおそすぎたことがあるよ
きみぼく景色けしきにいつもいた大切たいせつ毎日まいにち
わたしでん高架下こうかした きみれないから
何度なんどきとわされた あのさえかげ
自分じぶんよわさもらないでつよめたあのよる
たし部屋へやにはりだしたあめにおいがしてた
いま部屋へやにはしたあめにおいがしてる