1. SELF PORTRAIT歌詞

「SELF PORTRAIT」の歌詞 槇原敬之

1993/10/31 リリース
作詞
槇原敬之
作曲
槇原敬之
文字サイズ
よみがな
hidden
やまのような洗濯物せんたくもの
うでみながらていた
恋人こいびとがほしいとここで おもっちゃいけない
レンタルビデオは二日延滞ふつかえんたい
かえってきた仕事しごと
スピルバーグみたいに最後さいご
奇跡きせきをおこしたい
TVテレビ
ミッドウェイのアルバドロスみたいに
だれにもおそわらず ぼくべないから
いそがしいという言葉ことば
くちぐせになってるぼく
ゆるしてくれるみんなのためにも
がんばらなくちゃ
しのときからほどかない
荷物にもつ横目よこめでみていた
すこしずついい部屋へやんでる
ぼく時々ときどきさみしい
ほこりかぶってる洗面器せんめんき
たまに銭湯せんとうでもこう
大変たいへんなのはぼくだけじゃないと
すこしはわかるかも
らしくないと われるとすこつかれるけど
わらってるほう自分じぶんでもいいとおも
どうかんがえても昨日きのう今日きょうぼくちがうから
最高さいこう笑顔えがおみせるためにも
がんばらなくちゃ
大事だいじなのは もどりたいとおもうんじゃなくて
あのころ記憶きおく大切たいせつそだてること
いそがしくしているぼく
わかっているのにわざと
電話でんわしてくるみんなが大好だいす
「がんばらなくちゃ!」