「Star Ferry」の歌詞 槇原敬之

1999/7/10 リリース
作詞
槇原敬之
作曲
槇原敬之
文字サイズ
よみがな
hidden
今頃いまごろちょうどきみは あの部屋へやにもどって
海側うみがわまどを あけるころだろう
よるわたってほし見逃みのがさないように
部屋へやかりを まだしたまま

おやすみ いとしいひと
ねがわくば二人ふたりおもいが
このふね航跡こうせきよりも
ながつづくことを

水夫すいふなわをといて 敬礼けいれいをすれば
今日きょうおもうにはみじか
ふねたびがはじまる

湿しめった潮風しおかぜ小刻こきざみにはためく
襟元えりもとのこやかしながらも
たしかめるものがないと なげくその
おもせるかと ぼくため

おやすみ いとしいひと
ねがわくは二人ふたりがいつか
このふね航跡こうせき
一緒いっしょつめる

ちかづいてくる見慣みなれた 波止場はとばってる
こいをするまえぼくにも
わらずにろう

わたしたひとおもいが ほしのように
かがやけと名付なづけられた
ふねおもえたよる