1. The Average Man Keeps Walking.歌詞

「The Average Man Keeps Walking.」の歌詞 槇原敬之

2008/11/19 リリース
作詞
槇原敬之
作曲
槇原敬之
文字サイズ
よみがな
hidden
信号待しんごうまちウィンドウにうつ
平凡へいぼん自分じぶんおもった
運命うんめいひとがこのぼく
さがすのはむずかしそうだ
信号しんごうわってもぼく
つかまえそこねたなみつめる
サーファーのように交差点こうさてん
なが人達ひとたちてた

ここだよとわりに
ぴかぴかにひかってみせるよ
自分磨じぶんみが日々ひびはじまりの
月曜日げつようびだとおもうとどおしい

んでいく人波ひとなみにきっと
すぐにまぎれてしまうだろうけど
かまわない あきれるほど
自分じぶんえるしんじている
無鉄砲むてっぽうかってくぼく
背中せなかだれかにとってだけの
特別とくべつなものにいつかなれるまで
The average man keeps walking.

信号待しんごうまちウィンドウにうつ
ひとたちをていた
恋人同士こいびとどうし 友達ともだち 一人ひとり
みんな夕焼ゆうやけにまっているよ
とてもすてきな笑顔えがお
わらってるひとぼく
どんなかたをすればぼく
おなじようにわらえるのだろう

人生じんせいえられないのは
それぞれに一番いちばんふさわしい
人生じんせいあたえられてる
なによりの証拠しょうこだとおもえるんだ

んでいく人波ひとなみにきっと
すぐにまぎれてしまうだろうけど
かまわない あきれるほど
自分じぶんえるしんじている
おなじようにえるたくさんの
背中せなかなかにこのぼくだけを
さがしてくれるだれかに出会であうまで
The average man keeps walking.

夕暮ゆうぐれのかぜにのりしの
日曜にちようわりの憂鬱ゆううつ
はいむすきもないほど
明日あした月曜げつようたのしみだ

んでいく人波ひとなみにきっと
すぐにまぎれてしまうだろうけど
かまわない あきれるほど
自分じぶんえるしんじている
無鉄砲むてっぽうかってくぼく
背中せなかだれかにとってだけの
特別とくべつなものにいつかなれるまで
The average man keeps walking.

特別とくべつなものにいつかなれるまで
The average man keeps walking.