1. WITCHHAZEL歌詞

「WITCHHAZEL」の歌詞 槇原敬之

1993/10/31 リリース
作詞
槇原敬之
作曲
槇原敬之
文字サイズ
よみがな
hidden
こいぶにはさよならをくことを覚悟かくごしていたぼくらだった
夏休なつやすちゅうKISSキスかず一番いちばんたくさんあった
そうおぼえてるぼくはだがだんだんけてくのを
おもしろそうにていたよね
仲間なかまからぬけして りたオープンカー
カーブるたびかみかたにあたった
本気ほんききになったみたい
そうえばきみかたをすくめこまるのがすここわかった
たとえばいつかだれかとこいにおちても
きみおもすのがすここわかった
ったままのチノのすそ
かくれてたあの海辺うみべすなこぼれおちる
きみがふざけてぼくしたひょうしにころんだそら
このまちにないいたずらがぎて
こまらせてばかりいるきみ
おこったふりをしたらごめんねと何度なんどっていたのに
あきらめたようにやめたのがつらかった
太陽たいようがやけどをさせていたかった背中せなか
きみつよとき平気へいきだったんだ
大人おとなになることがわすれてくことなら
ぼくいまのままでいたい
本気ほんききになったみたい
そうえばきみかたをすくめこまるのがすここわかった
たとえばいつかだれかとこいにおちても
きみおもすのがすここわかった