「White Lie」の歌詞 槇原敬之

2011/7/27 リリース
作詞
Noriyuki Makihara
作曲
Noriyuki Makihara
文字サイズ
よみがな
hidden
停電中ていでんちゅうのろうそくの
ほのおつめながら
とおむかしにこのくに
きたひとことおも
すべてのものに神様かみさま
いるとしんじながら
かされていること
こころから感謝かんしゃしていた

いまぼくらはどうだろう
さんざんたよっていたものにさえ
なにこったとたんに
わるってばかりだ

その言葉ことばをありがとうに
えながら
きている自分じぶん
おもうだけで
ぼくまえくら世界せかい
すこしだけやさしく
あかるくなるような
がするんだ

わりてたまちなか
また頑張がんばればいいと
すこかなしげで でもつよくて
やさしい笑顔えがおこたえるひと
一緒いっしょこうとむかえに
息子むすこ今日食きょうたべるぶん
おにぎりをわたしここも十分じゅうぶん
ありがたいとわら母親ははおや

どんなつらい試練しれん
理由りゆうがあるからこるんだと
しんじながらきて
いのちさきぼくはいる

たりまえをありがとうに
えながら
きている自分じぶん
おもうだけで
ぼくまえくら世界せかい
すこしだけやさしく
あかるくなるような
がするんだ

大事だいじことぼくらに気付きづかせるために
神様かみさましろうそをつく

たりまえをありがとうに
えながら
きるだれにもひかりんで
絶望ぜつぼうふちおもっていた場所ばしょ
希望きぼうへとまっすぐびるみちへの
はじまりと気付きづ

このしろうそさきには
ほんとのことっている