1. pool歌詞

「pool」の歌詞 槇原敬之

1999/7/10 リリース
作詞
槇原敬之
作曲
槇原敬之
文字サイズ
よみがな
hidden
プールの監視員かんしいん
よそをしている
本当ほんとうなつはそっちのほう
えますか
さそみずにだれも
見向みむきもしない
まるで水着みずぎらさないように
してるみたい

準備じゅんび体操たいそうもろくに
しないまま
だれよりもさきんだ
16のときのガールフレンド

きみにもう一度いちどあいたいな
こおりイチゴのしたわらってた
きみにもう一度いちどあいたいな
毎年まいとしぼくなついてたひまわり

ゆびをさしながら
わらったあと
ちゃんとぼくおよかた
おしえてくれた

おもちゃ軒先のきさき
なら花火はなび
小遣こづかいがたりなくてあきらめたやつも
いまえるくらいにはなった

きみにもう一度いちどあいたいな
案外あんがいちが名字みょうじになっていたりして
きみにもう一度いちどあいたいな
毎年まいとしぼくなついてたひまわり

「はやくおいでよ」って
わらこえ水音みずおと
あわてていだシャツに
あつまったんだ
時間じかんまればいいとおもった

きみにもう一度いちどあいたいな
こおりイチゴのしたわらってた
きみにもう一度いちどあいたいな
毎年まいとしぼくなついてたひまわり