1. たったひとりの君歌詞

「たったひとりの君」の歌詞 樋井明日香

2004/4/14 リリース
作詞
伊秩弘将
作曲
伊秩弘将
文字サイズ
よみがな
hidden
経験けいけん加速度かそくどしていく
きずつくたび さがしてる かえれる場所ばしょ
きつくいて せつなさをやして
たったひとりのきみ
たったひとつのあい
つらぬいて キミらしさを
いつか わかりえるから
たったひとりのきみ
たったひとつのゆめ
きぬけて やみ彼方かなた
キラメく夜明よあけがあるのさ

さけびさえ 喧騒けんそうに かきされて
人混ひとごみのなか ちっぽけな自分じぶん みしめてる
いま つばさたたむまえ
たったひとりのきみ
たったひとつのあい
きぬいて 「現在いま」 というとき
それがきているあかし
たったひとりのきみ
たったひとつのゆめ
むねいたはならない
そらとどうた うたおう

あらしのあと けてくそら つめていた
れた心強こころつよあいぬぐってほしい
どこへくの ここから アタシたち
たったひとりのきみ
たったひとつのあい
つらぬいて キミらしさを
それがきているあかし
たったひとりのきみ
たったひとつのゆめ
むねいたはならない
そらとどうた うたおう

Loveラヴ yourselfユアセルフ
Loveラヴ yourselfユアセルフ

Loveラヴ yourselfユアセルフ
Loveラヴ yourselfユアセルフ