「幻画の街」の歌詞 樋口了一

2006/11/15 リリース
作詞
樋口了一
作曲
樋口了一
文字サイズ
よみがな
hidden
ひどい渋滞じゅうたいだったかずの踏切ふみきり
いまはもう高架こうかわって
苛立いらだかお何度なんど時計とけいひとくなった
食事しょくじ

遮断機しゃだんきがったあと突然降とつぜんふした
霙混みぞれまじりのなつ天気雨てんきあめ
見張みはりのおとこなじる そこは過去かこへの入口いりぐち
ぼく一人ひとりわたはじめてる

二人ふたり何処どここう とおくのまちこう
黄色きいろてた あの幻色げんしょく世界せかい
何処どこまでもいかけて 何処どこまでもかぜ
季節きせつめぐる でももうきみかえらない

みなみいてる部屋へや朝日あさひ
早起はやおきにとってもいいんだ
たずねるひとみんなノックのわりに
てのひら影絵かげえこさえる

ひらいたドアのさきうみ場違ばちがいにあお
たたみいろさおめる
しゃべ海星ひとでわらう 「マチビトハマセンヨ」
ぼくまどからすべちていく

あのうみ何処どこだろう あのそら何処どこだろう
歯車はぐるまくした とき世界せかい
このこえれるまで きみもどすまで
こころさけなかぼくかって

二人ふたり何処どここう とおくのまちこう
黄色きいろてた あの幻色げんしょく世界せかい
何処どこまでもいかけて 何処どこまでもかぜ
季節きせつめぐる でももうきみかえらない