「手紙 ~親愛なる子供たちへ~」の歌詞 樋口了一

2010/2/17 リリース
作詞
角智織,樋口了一
作曲
樋口了一
文字サイズ
よみがな
hidden
年老としおいたわたしがある日今ひいままでのわたしちがっていたとしても
どうかそのままのわたしのことを理解りかいしてしい

わたしふくうえものをこぼしてもくつひもをむすわすれても
あなたにいろんなことをおしえたように見守みまもってしい

あなたとはな時同ときおなはなし何度なんど何度なんどかえしても
その結末けつまつをどうかさえぎらずにうなずいてしい

あなたにせがまれてかえんだ絵本えほんのあたたかな結末けつまつ
いつもおなじでもわたしこころ平和へいわにしてくれた

かなしいことではないんだ ってゆくように
えるわたしこころへと はげましのまなざしをけてしい

たのしいひとときわたしおもわず下着したぎらしてしまったり
風呂ふろはいるのをいやがるときにはおもしてしい

あなたをまわ何度なんど着替きがえさせたり様々さまざま理由りゆうをつけて
いやがるあなたとお風呂ふろはいったなつかしいのことを

かなしいことではないんだ 旅立たびだちのまえ
準備じゅんびをしているわたし祝福しゅくふくいのりをささげてしい

いずれよわことさえ出来できなくなるかもれない
あしおとろえてがることすら出来できなくなったなら

あなたがかよわあしがろうとわたしたすけをもとめたように
よろめくわたしにどうかあなたのにぎらせてしい

わたし姿すがたかなしんだり自分じぶん無力むりょくだとおもわないでしい
あなたをきしめるちからがないのをるのはつらいことだけど

わたし理解りかいしてささえてくれるこころだけをっていてしい
きっとそれだけでそれだけでわたしには勇気ゆうきがわいてくるのです

あなたの人生じんせいはじまりにわたしがしっかりとったように
わたし人生じんせいわりにすこしだけってしい

あなたがまれてくれたことでわたしけたおおくのよろこびと
あなたにたいするわらぬあいをもって笑顔えがおこたえたい

わたし子供こどもたちへ

あいする子供こどもたちへ