「ガラスの靴」の歌詞 樹海

2007/4/25 リリース
作詞
Manami
作曲
Yoshiaki Dewa
文字サイズ
よみがな
hidden
都会とかいよる いろど街明まちあかりが
いまあたしに 魔法まほうをかける
子供こどもみたいだと わらってもいいよ
「・・・かえりたくない。」

つないだを ほどく仕草しぐさ
こころ 見抜みぬいてほしい

いつものわかみち
ガラスのくついてゆくから
いかけて あたしのことをつかまえて
ねむらないゆめなかへ・・・

「ねぇ、ズルいよ。」 あなた大人おとなだから
時々ときどきもう せつなすぎて
時計とけいはり こわしてしまえるのは
あなたしかいないのに

でもまた いつものわかみち
ガラスのくついてゆくから
このよるわってしまう そのまえ
けない魔法まほうをかけて

どんなことを おもってるの ?

ひとりのかえみち
ガラスのくつかなしくひか
人混ひとごみににじんでゆく うし姿すがた
いとしさがあふれてく・・・