1. ピストル歌詞

「ピストル」の歌詞 橘いずみ

1994/1/12 リリース
作詞
橘いずみ
作曲
橘いずみ
文字サイズ
よみがな
hidden
いたいものは
やまほどあるけど
手元てもとにあるのは
かぎられたもの
いものねだりと
わかっているけど
にしたあとから
すぐきるから
なみだわらいも いつでも一緒いっしょ
人間にんげんらしくられたいから
立派りっぱ大人おとなになれるように
ちかくの神社じんじゃにおまいりしよう
ちいさなあなめてふさいで
おおきなあなをまたつく
いらないものは
ててしまいたい
しいものだけを
れて
しあわせになる
もっとしあわせに
ものにかこまれて
きていきたい
らない世界せかい
はいんだら
あたらしいいのちをひとつもらう
春夏秋冬はるなつあきふゆ やすみをって
ゆとりのさとたびしてみても
やすらぐだれかの
顔見かおみてばかり
自分じぶんからだつかれるばかり
いくつになっても
成長せいちょうしない
ここであがりと
むねなでおろし
ままにできたら
どんなにいいか
そんなにあまくは
ないものだから
適当てきとう最低さいていわたししか
きびしくそだてる だれかが必要ひつよう
成長せいちょうするため
成長せいちょうしよう
らない世界せかい
すべてをたくして
欲望よくぼう 絶望ぜつぼう 希望きぼう展望てんぼう
細胞さいぼう 陰謀いんぼう 多忙たぼう辛抱しんぼう
どうしても
どうしても…
ピストルがしい
すこしのたくわ
やすことばかり
すこしの時間じかん利口りこう投資とうし
たのしむことが
人生じんせいなんだと
さらりととぼけて
ってるつもり
いたいものは
やまほどあるけど
手元てもとにあるのは
かぎられたもの
いろかたち
ぴったりきてても
おもさがちょっと
りないみたい
両手りょうていっぱい
かかえたものを
いますぐそとほうげよう
ちいさなあなめてふさいで
おおきなあなをまたつく
しあわせになる
もっとしあわせに
ものにかこまれて
きていきたい
あたらしいいのちひとつもらって
らないことなどなにもない
とうさんかあさんねえさん
どうか はなれた
わたしわすれないでね
誕生日たんじょうびには電話でんわをかけて
あいしているとかならって
人間にんげんづき複雑ふくざつすぎて
もつれてもつれて
からまるうちに
面倒臭めんどうくさくて全部切ぜんぶきりたい
らない言葉ことば
なくしたいから
いつでも辞書じしょ
片手かたてって
しあわせになる
もっとしあわせに
ものにかこまれて
おぼれてしまいたい
いらないものを
ててしまいたい
しいものだけを
れて
らないひととも
会話かいわって
こころこころつうわせて
Ah いくつになっても
成長せいちょうしない
ここであがりと
むねなでおろし
明日あしたからは
自由じゆうになり
ままにできたら
どんなにいいか
そんなにあまくは
ないものだから
適当てきとう最低さいていわたししか
きびしくそだてる
だれかが必要ひつよう
どうしても
どうしても…
ピストルがしい
どうしても
どうしても…
ピストルがしい
ピストルがしい