1. 太陽歌詞

「太陽」の歌詞 橘いずみ

1994/1/12 リリース
作詞
橘いずみ
作曲
橘いずみ
文字サイズ
よみがな
hidden
ねえ どうかあなた
なないで
なんでもいいからきていて
あなたの存在そんざいがあるから
なんとかわたしきられる
つらくてさむくてかなしくて
ひとりをかんじることばかり
それでもあなたの笑顔えがお
おもうかべたらつよくなる
ふとったねと
われて べずに
流行はやりの洋服ようふくつつんで
仲間なかまはずれにだけは
ならないで
ニコニコしながら
はしゃいでる
なんにもたのしいことがない
なんにも必死ひっしになれなくて
それでも あなたのかた
おもうかべたらあつくなる
もしもべたら
あなたのそら
すみからすみまで
まわりたい
どんなにとお
はなれていても
あなたのなかにいる

おんならしく 楚々そそひか
しゃばらず
愛敬あいきょうふりまいて
つかずはなれずひとみち
なかあたりで
まごついて
なんのために
きているのと
自分じぶんよわさにはむかっても
いて いて
いて つかれて
見上みあげたそらには
あなたがいた
グズで のろまで 不器用ぶきよう
それでも
すたこらあるくから
やまありたにあり あめあられ
あらしても
がんばるから
だからたとえひとのものでも
あなたは
どこかできていて
あなたの笑顔えがおがあるから
なんとかわたしきられる
もしもあなたがすこつかれて
いつかこの
必要ひつようならば
そっと名前なまえ
つぶやきながら
やさしく微笑ほほえんで
自分じぶんもどすスペースを
れるためにはたらいて
いきぐはずの時間じかんにさえ
つかてて
ねむりこけている
ひとりぼっちに
なりたいけど
ひとりぼっちは
とてもさみしいよ
あなたのそばに
いられるなら
ほかにはなんにもしくない
いじけて ふるくて
ばかげてる
だめなおんなだとわれても
それでもいのちのあるかぎ
あなたのうしろをついていく
ねえ どうかあなた
なないで
なんでもいいからきていて
ねえ どうかあなた
なないで
なんでもいいからきていて