「失格」の歌詞 橘いずみ

2011/8/31 リリース
作詞
橘いずみ
作曲
橘いずみ
文字サイズ
よみがな
hidden
自分じぶんいたいことをわたしなにわない
自分じぶんのやりたいことをわたしなにもできない
自分じぶんためいてもひとためにはけない
主義しゅぎ主張しゅちょうさけんでそとある勇気ゆうきなんかない
ひねもすベットにてるのは病人びょうにんあかぼう
なにもかもがになるにはまだまだまだわかすぎる
だれかのしゃべ言葉ことばこころなんてはずまない
あかるく元気げんきだけがおんなになれない
他人たにん視線しせんばかりにしてるひとみとめない
社長しゃちょう意見いけんかならずしもただしくおもえない
月夜つきよにいつもおんなはキスをってるわけじゃない
やすいベットはきしおとがうるさくて滅入めい
あいしてないのにかれほかひと夢見ゆめみてる
パチンとはじけてちたピンクのバラのはなびら

一番大切いちばんたいせつなものはこの貧欲どんよくわたし
一番厄介いちばんやっかいなのもそうデタラメなわたし
きなひとほかまもるものあってもかまわない
だけどひとりよる渋谷しぶやつのはきじゃない
梅田うめだ なんば 心斎橋しんさいばし 元町もとまち 西にしみや
あんなにきだったまちももうとっくにわすれた
チャカ・カーンを気取きどってうたってた"Whatcha gonna do for me"
意味いみらずなみだながした"Whatcha gonna do for me"
沖縄おきなわにもんだことがあると自慢気じまんげはな
つよ日差ひざしがのこしたものは顔中かおじゅうのソバカス
きずついたきずつけられたとさわいでらし
失恋しつれんした友達慰ともだちなぐさめどこかホッとしてる
あなたは失格しっかく!そうはっきりわれたい
きる資格しかくがないなんてあこがれてたかた

あぁ あか夕焼ゆうやけのまちちいさなからだまるめて
しかられても はじかさねても まっすぐあるいていたのに

ねむれずにテレビをつけ煙草たばこえばやるせない
ひどい仕打しうちにいたとしてもよるはゲラゲラテレビ
趣味しゅみなんですかとかれて旅行りょこうなどとこた
外国がいこくにも何度なんどかなんて格好かっこつけてせる
姑息こそく笑顔浮えがおうかべて指先ゆびさきんでいたい
約束やくそくけてもいき女気取おんなきどりたい
くるまにはねられたひと見過みすごしたことがあるかい?
ふしあわせなひとわらったことがないかい?
父親ちちおやわかおんないてもわたしかまわない
母親ははおやべつ許婚いいなずけはなしきたい
もっときれいになってもっと上手じょうずあそびたい
もっとまじめになってもっとたくさんまなびたい
たったこれっぽっちのきざまをひとりかえ
理屈りくつってるわたしあいしたい