1. 少年歌詞

「少年」の歌詞 橘慶太

2007/5/2 リリース
作詞
橘慶太
作曲
伊橋成哉
文字サイズ
よみがな
hidden
まどたたあめ
記憶きおく辿たどりながら
真夜中溶まよなかとした
おも出綴でつづってみた

あのなつそら
赤茶あかちゃけたレールと枕木数まくらぎかぞ
けばいつも
ひとりじゃなくて

いつかぼくたちがそら色褪いろあせてしまうまえ
今宵詩こよいうたった日々ひび
たとえそれぞれのみち
つづくレールちがったとしても ぼくらあの日確ひたしかにたんだ
夏香なつかおそらした
少年しょうねん少年しょうねん

やがてければ
かぜもおさまるだろう
めたディスプレイには
ぎた日々ひびうつ

あるつかれた
ぼくてのひらはきっと
やがて辿たど
わかれのとき

だれらさずに 瞳見開ひとみみひらいた現実げんじつ
ぼくはなぜか理解出来りかいでき
だけどとき無情むじょう
なが季節きせつうばってゆく それでもぼくらあのなつ
けたそのままの
少年しょうねん

いまみみをすませば そこにあののままぼくらの
わら声聞ごえきこえるようで
いつかあののように
つづ畔道あぜみちまたあるけば えるようながするんだ
このうたこうがわ
少年しょうねん少年しょうねん