「木更津サリー」の歌詞 氣志團

2010/9/15 リリース
作詞
綾小路翔
作曲
綾小路翔
文字サイズ
よみがな
hidden
木更津きさらづサリー しずかなあのうみ
木更津きさらづサリー かぜ似合にあおんな
たった一人ひとり このよるこうがわ
っている っている

防波堤ぼうはていうえすわってた さわ俺達おれたちていた
わらうとがなくなるとこや やさしいこえかれた

どうしようもないおれを かっこいいってってくれた
だれもがおまえに夢中むちゅうだった
喧嘩けんか単車たんしゃよりも ロックンロールよりもさ
おまえ イカしていたから

木更津きさらづサリー しずかなあのうみ
木更津きさらづサリー かぜ似合にあおんな
ちいさな二人ふたり ゆびつないでねむった
らすのは あかつき

真夜中まよなかぎのえきの ロータリーをよくながした
おまえせびらかしたかった
いえ手前てまえ路地ろじに バイクをめてキスした
おまえ あのころのオレの すべてだった

木更津きさらづサリー… 木更津きさらづサリー…
本当ほんとうおれはこのうでで おまえ つつんだのか

サリー いまおれは サリー ギターいているから
サリー サリー サリー うたつづけるよ

木更津きさらづサリー なつわりだけは
木更津きさらづサリー おもしちまうのさ
げるように あのしたまち
太陽たいよう潮風しおかぜ
はにかんだ おまえの笑顔えがお