「神在月」の歌詞 水森かおり

2008/9/24 リリース
作詞
みろく
作曲
西島三重子
文字サイズ
よみがな
hidden
「ばんじまして」きみ言葉ことば
とてもきだよと ってくれたから
夕暮ゆうぐれどきを ちわびていた
携帯電話けいたいでんわをそっと にぎりしめ

まつ太鼓だいことおくにひび
なが階段かいだん途中とちゅうであの
不意ふいわたしきしめながら
一緒いっしょらそうよって つぶやいた

出雲いずもくに八重雲やえぐも
おも めて しろしろ

神在月かみありづきながいはかなう
だれかがっていた たわむれですか
神在月かみありづきに あなたはいない
ひとりいつまで ちぼうけ

「だんだん」って わたしをまねて
あなたが最後さいごのこしてくれた
わたしきな 故郷くに言葉ことば
ありがとうってそのこえはなれない

出雲いずもそら夕焼ゆうやけは
かなしいほどに あかあか

神在月かみありづきながいをかける
かえしてください この現世うつしよ
神在月かみありづきに あなたはいない
ひとりいつまで ちぼうけ

神在月かみありづきながいはかなう
だれかがっていた たわむれですか
神在月かみありづきに あなたはいない
ひとりいつまで ちぼうけ