1. 星空と月と花火の下歌詞

「星空と月と花火の下」の歌詞 水樹奈々

2006/5/3 リリース
作詞
Bee'
作曲
上松範康(Elements Garden)
文字サイズ
よみがな
hidden
ぼくたちはもう自由じゆうにならないか」
そんな言葉ことばきずついてから
いくつのそらながめてきたんだろう
気付きづけばあたしもわらえてました

ときてば わかれのいたみはわすれるもんです
なつかしくていとしささえよみがえるよね

星空ほしぞらつき花火はなびした
なつかおりする きみ場所ばしょ
季節きせつるたびに おもしていた
でももう大丈夫だいじょうぶ

ぼくきみとは特別とくべつがする」
そんな言葉ことばかれてたころ
すれちがいなどあるわけないんだと
気付きづけばなみだながしてました

はしゃぐ浴衣ゆかた うでんでってたもんです
いつしかそのはなれて 迷子まいごになった

星空ほしぞらつき花火はなびした
ケンカばかりだった 最後さいご日々ひび
いそいだせみ夜空よぞらでもくように
二人ふたりけてた

いまはわかる きみがとても大事だいじにしたモノ
それをったことが わたしの大事だいじなモノ

星空ほしぞらつき花火はなびした
かんではえる きみかお
季節きせつるたびに おもしていた
でももう大丈夫だいじょうぶだよ
今咲いまさいてる花火はなび どこできみだれ
見上みあげてるのかな…

星空ほしぞらつき花火はなびした
なつかおりした あわこいで…