1. 空時計歌詞

「空時計」の歌詞 水樹奈々

2008/2/6 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
まどそとほしながめて
ふときみのことをかんがえてた
気付きづけば もう
こんなにはや
季節きせつぎていたんだね

いまわらないこのおもいを
手紙てがみにしたなら。。。
つたわるのかな

"ありふれた言葉ことばかもしれない。
だけどね
これがぼく気持きもちだから。
上手うまえないけど
シアワセ。
いつもきみがいれば"

たとえばもし
ぼくがこのそら
自由じゆうぶことできるならば
いますぐでも
いてるきみもとくことできるのに

ねぇ
一人ひとりじゃない
いつだってそばにいるからね
わかってるかな?

さみしがりだけど
つよがりなきみだから
いつものようにわらうけど
本当ほんとうこころがイタイと
ぼくってるんだ

きみかかえてるかなしみを
ぼくはどれだけぬぐえるかな
にはえないその傷跡きずあと
いつの
えるようにとねがうよ

それでもね
また明日あしたという
なにらずあされてくるから
無理むりわらおうとなんてしないで
きみきみのままで

"ありふれた言葉ことばかもしれない。
だけどね
これがぼく気持きもちだから。
上手うまえないけど
シアワセ。"

いつもきみといれば