「Orchestral Fantasia」の歌詞 水樹奈々

2007/11/14 リリース
作詞
Hibiki
作曲
上松範康(Elements Garden)
文字サイズ
よみがな
hidden
粉雪こなゆきよるなら なみだかくしやすくて
最後さいごあふれないように わらった
そしてぼくのチューニングは こわれたギターみたいで
音楽おんがくたよ日々ひびに ひどくいた

オーケストラの中心ちゅうしんきみのいないいたさわかって
はじめてぼくこころに「うたがない」と気付きづ

きしめていたい きみだけこわほど
絶望ぜつぼうしたねが
今曲いまきょくまり わりにつきれば
ぼくぼくあるけるのでしょうか…?
I wish that heart will go on... Uh...

どんな綺麗きれいそらより きみのピアノがきだった
はなれるほど気持きもちなんて ちかづく
二度にどもどることのない 砂時計すなどけいかえしてる
ゆめとききみ全部ぜんぶ こおったままで

まるでオルフェの竪琴たてごとさ グシャグシャになったおと
出逢であえたいまはなにも「なにちがう」とさけ

もう一度声いちどこえかせてくれませんか?
色褪いろあせない記憶きおくなげいた
ねむ場所ばしょさえも すべてが とおいけれど
今日きょう今日きょうきみだけをおもうよ…
I feel that grief will go on...

言葉ことばなんかじゃ笑顔えがおなんかじゃ いのりなんかじゃつたわらなくて…
えがいた明日あすもぬり過去かこも メモリーみたいにえて…
きみという手錠てじょうなんかにカギはなくて Uh...
ストリングスのうみ彷徨さまよう Ah...

この幻想曲ファンタジアわりをくれませんか?
絶望ぜつぼうしたねが
嗚呼苦ああくるしいほど せつないメロディーは
キスもこいも ピリオドをえても
えないバラード… Woh...