1. 魂を抱いてくれ歌詞

「魂を抱いてくれ」の歌詞 氷室京介

1995/10/25 リリース
作詞
松本隆
作曲
氷室京介
文字サイズ
よみがな
hidden
雨粒あまつぶなか
街翳まちかげまわ
微睡まどろきみ睫毛まつげあさ
綺麗きれい縁取ふちど
やわかた
わらってたおれ
やさしい鼓動時計代こどうとけいがわりに
こうしてきてる
シーツの波間なみまへと
おれたちただよ小舟こぶね
はだかのままカップに
珈琲コーヒー そそいだ
たましいいてくれ
都会とかい色褪いろあせた
むね汚点しみそのつめ
そっとこすりとして
たましいいてくれ
自分じぶんだけをあいして
きてきた
わがままなおれ
背中せなかいて

原色げんしょくなつ
すなまみれのキス
あつさがえて透明とうめいあき
あいだけのこった
ちのめされたとき
となりにいるだけでいい
いたみをわけあえたら
それで いいから
たましいいてくれ
むきしの両手りょうて
かっこなどつけてない
真実しんじつのこのおれ
たましいいてくれ
こころんでくれ
はなせない大切たいせつ
言葉ことば
ひとみのぞいて
しずかにこのまま