「CALLING」の歌詞 氷室京介

1989/9/27 リリース
作詞
KYOSUKE HIMURO,GORO MATSUI
作曲
KYOSUKE HIMURO
文字サイズ
よみがな
hidden
ねむれぬよるをいくつかぞえたら
おれたちたどりくだろう
どれだけのいのちなくしたとき
あらそいはわるのだろう

歴史れきしうえをころがるだけの
すくえない道化師どうけしたち
いつかだれかがってたように
こたえはかぜのなか

Ru… ru ru ru…
ru… ru ru ru…

そむけたかおをいくつたれたら
づかぬふりやめるのか
どれほどのくるしみにえたら
笑顔えがお自由じゆうになるのか

びたくさりにつながれたまま
またしっぽをまくのなら
いつかだれかがってたように
こたえはかぜのなか

ふりしぼるこえにぎりしめるその
運命うんめいはきっとわるときっている
ちっぽけなあいのささやかなちから
かなしみはいつもかれるのをっている

Ru ru ru…
ru ru ru…
ru ru ru…
ru ru ru… ru ru… ru…

うそのパズルをならべかえてる
あわれなペテンたち
不器用ぶきようさを器用きようにふるまう
おろかなロマンチストたち

歴史れきしがなにもかたらなくなる
そんながくる予感よかん
いつかだれかがってたように
こたえはかぜのなか

ふりしぼるこえにぎりしめるその
運命うんめいはきっとわるときっている
ちっぽけなあいのささやかなちから
かなしみはいつもかれるのをっている

Ru ru ru…
ru ru ru…
ru ru ru…
ru ru ru… ru ru… ru…